矯正歯科治療とは

矯正歯科治療とは | 矯正治療のメカニズム

なぜ、歯が動くのか?(矯正治療のメカニズム)

歯にブラケットという小さな装置をつけて、弱い力を長時間加えると、圧迫された方向(圧迫側)の骨がわずかに吸収を始めます。

また、反対側(牽引側)の骨は、歯が移動した分だけ歯根と骨の間に空間ができ、そこに新しい骨がつくられます(添加)。この身体のメカニズムを利用して、圧迫と牽引をくり返すことで、歯を目的の方向に徐々に動かしていくのが矯正歯科治療です。

矯正治療のメカニズム:1 歯は歯根膜と歯槽骨(顎の骨)で支えられています。歯根膜とは、歯根とあごの骨を連結する繊維で、物を噛んだ時の力を分散させるクッションの役割をしています。
また、歯根膜には神経や血管が通っているので、歯根に栄養を提供したり、物を噛んだときの感触を脳へ伝える働きもしています。
矯正治療のメカニズム:2 矯正治療によって歯に力を加えると、歯根膜が収縮します。
矯正治療のメカニズム:3 歯根膜の繊維はある一定の幅を維持しようとします。そこで、矯正によって歯根膜が縮んだ部分では、破骨細胞が周囲の骨を吸収していきます。
反対に、歯根膜が伸びた部分では骨芽細胞が骨を増やして、歯根膜の幅を一定に保ちます。
矯正治療のメカニズム:4 矯正治療は、「骨の代謝機能」を利用して歯を移動させていきます。歯に弱い力を加えることで骨の代謝を促すため、矯正には時間がかかりますが、身体が持っている機能をうまく利用するので、歯に負担をかけずに治療することができるのです。