歯並びについて

よくない歯並びとは

不正咬合の代表的な7パターン

「不正咬合(ふせいこうごう)」とは、歯並びが悪いために正しく咬み合わせができない歯並びのことです。


上顎前突(じょうがくぜんとつ) 1.上顎前突(じょうがくぜんとつ)

「出っ歯」のこと。上の前歯が極端に前に出ている。

反対咬合(はんたいこうごう) 2.反対咬合(はんたいこうごう)

「受け口」のこと。下の前歯が上の前歯より前に突き出ている。歯の問題だけでなく、下顎が成長し過ぎて「受け口」が起こることもある。またその逆もある。

叢生(そうせい) 3.叢生(そうせい)

「八重歯」や「乱ぐい歯」のこと。歯と歯が重なりあって、でこぼこになった状態。歯磨きがしにくいので、虫歯や歯周病になりやすい。

開咬(かいこう) 4.開咬(かいこう)

奥歯を咬み合わせた際に、上下の前歯が咬み合わず開いた状態になってしまう。指しゃぶり、舌を出す癖、口で呼吸する癖などが原因となることもある。

5.正中離開(せいちゅうりかい)

「すきっ歯」のこと。左右の前歯の間が開き、すき間ができている。

過蓋咬合(かがいこうごう) 6.過蓋咬合(かがいこうごう)

上の歯が下の歯に必要以上にかぶさっている(下の前歯が見えないこともある)。

交叉咬合(こうさこうごう) 7.交叉咬合(こうさこうごう)

咬み合わせが左右にずれている歯並びで、あごが左右に曲がっていることがある。

こうした症状は、遺伝性を無視できないという現実もありますが、むしろ、遺伝のほかに、生まれてからの環境が原因となる場合もあります。原因についてくわしくお知りになりたい方は、»»歯並びが悪くなる原因のページをご覧ください。