歯並びについて

歯並びが悪くなる原因

不正咬合は、決して一つの原因によって起こるものではありません。以下に示すような、さまざまなファクターが複雑に絡み合って、結果、今のあなたの咬み合わせが存在するのです。

ですから、遺伝だからといってあきらめる必要はありません。

1.遺伝

ご両親の歯並びが影響することがあります。また、アレルギーなどの体質の遺伝も間接的に影響することがあります

2.あごの大きさと歯の大きさのアンバランス

あごの発達が悪いために、歯の並ぶスペースが狭くなると、デコボコした歯並び(いわゆる、「八重歯」、「乱ぐい歯」)になることがあります。現代っ子に多い不正咬合です。

また、あごは十分に発達していても、歯自体が大きいためにきれいに並びきらないこともあります。小さい頃から、好き嫌いなくバランスのよい食事をとることが、身体だけでなく顎の発育にとても重要です。逆に、顎の発達>歯の大きさの場合には、「すきっ歯」の状態になります

3.筋肉のアンバランス

歯は常に、外側からは「唇」と「頬」、内側からは「舌」の力を受けています。両者のバランスが崩れると、歯は力のかかった方向に移動してしまいます。

また、その力は、歯だけでなくあごの骨にも作用することがあります。特に、成長発育期の子供の場合、本来成長するべきところが阻害されてしまったり、成長方向が変わってしまうこともあります。このバランスが崩れる原因として、「筋肉の強さ・方向」、「舌の大きさ・位置・動かし方」、「鼻・耳・のどの病気」などの関与が指摘されています。これらすべての原因を取り除くことは不可能ですが、矯正学的観点から、観察・治療を行うことで、より安定した歯並びをつくり出すことが可能となります。また、必要があれば他科の医院(耳鼻咽喉科、小児科、内科)へ対診することもあります

4.乳歯の虫歯

乳歯の虫歯をそのままにして、早くに乳歯を抜かなければならなくなってしまうと、永久歯が正しい位置に生えてこないことがあります。

乳歯は永久歯が生える道しるべとなるため、どうせ生え変わるのだからと放っておくのではなく、乳歯のうちからきちんと歯みがきをする習慣をつけ、虫歯になったら早めに治療することが重要です。

5.生活上の癖

ちょっとした習慣や癖が、思わぬ不正咬合の原因になることがあります。

・長期の指しゃぶり
上の前歯や上顎が押され、前に突き出てしまうことがあります。また、上唇が一緒に引っ張られることで、唇の周りの筋肉のバランスが崩れ、唇が閉じづらくなったり、間違った舌の動きを引き起こすこともあります。いわゆる、「出っ歯」や「開咬」の原因となります。

・その他
その他には、咬舌癖咬唇癖鉛筆かじりほおづえ爪かみなどがあげられます。

6.歯の数の異常、形態異常

歯の数の異常、形態異常が原因で歯並びが悪くなることがあります。

 

»» お子さんの鼻・耳・のどは大丈夫?