子供の矯正治療

子供の頃から矯正治療を開始するメリット

子供の頃から矯正治療を行う最も大きなメリットは、大人の治療のようにすでに完成された土台(骨格)のなかに歯を並べるのではなく、筋肉やあごの骨を含めた骨格自体の成長をうながすことができるという点にあります。

つまり、お口の中だけにとどまることなく、それを取りまく環境まで含めたトータルな治療を行うことが、治療終了後も安定した歯並びと咬み合わせを長期間維持することにつながります。

また、子供の場合、小学校高学年まであごが成長を続けます。その成長を利用しながら、あごやお口のまわりの環境を整え、歯列の幅を拡大していくことで、結果として、歯を抜かずに治療できることもあります(歯の大きさ自体が大きい場合、骨格的に成長するスペースが極端に少ない場合、また、お口のまわりの環境の不調和がいちじるしい場合は、抜歯の対象となることがあります)。

また、個人差はありますが、大人に比べて順応性が高いため、装置を入れることによるお口の中の環境の変化や痛みに対しても、大きな抵抗なく治療をすすめることができます。

さらに、進学や就職、結婚といった人生の節目となる出来事に左右されることが少ないという点もメリットの一つです。

 

»» 治療開始時期について