子供の矯正治療

治療開始時期

もっとも悩まれるのは、治療開始期間ではないでしょうか。

重要なのは、年齢ではなく、お子さんのお口の中の状態です。同じ年齢でも背の高い子と低い子がいるように、お子さんによって、歯の生え変わる時期や その順番にさえも違いがあるのです。

治療開始時期は、「6歳臼歯に続いて前歯が生え変わり始めた頃」が一つの目安となります。

また、お子さん自身が治療に対して理解ができるかどうかも重要です。ただし、その時期が多少前後しても、患者さんの状態に応じたアドバイスが可能ですので、少しでも心配なことがあれば、いつでもご相談ください。手遅れということは決してありません

日本矯正歯科学会では、小学校に入学する7歳になったら専門医を受診することを推奨しています。

また、近年の学校歯科検診で検診項目に「不正咬合」が加えられるようになったこともあり、以前より早い時期にお子さんが矯正歯科専門医院を訪れる機会が増えてきました。お父さん、お母さんからみて何の異常もないようでも、治療の必要があると判断されることもあります。また、早めの予防が功を奏すことも少なくありません。まして、少しでも心配なことがあるなら、とにかく早めに相談していただくことが重要です。

子供は、歯並びの良し悪しを自分では判断できません。

お子さんの歯並びは親の責任ともいえるのではないでしょうか。お子さんの未来のために今できることを、お父さん、お母さんと一緒に考えていきたいと思います。

 

»» 治療の流れ