治療中に気をつけたいあんなこと、こんなこと。

治療中に気をつけたいこと | 治療中の歯みがきについて | フッ素について

矯正歯科治療中のはみがきについて

歯磨き

 歯磨きの基本は「食べたら磨く」ことで、3度の食事以外でも、清涼飲料水やおやつなど、糖分を含んだものを食べた後は、できるだけすぐに歯を磨き、虫歯の原因となるものをお口の中から追い出すことが重要になります。また、食べ物を食べたらうがいをすることや手鏡を見ながら歯磨きをする習慣を身につけることも大切です。

歯ブラシ

 一般的な矯正装置は、治療中は取り外しができず、歯に装着されたままになるので、一時的にせよ歯磨きが難しくなります。そこで、当クリニックでは装置装着前より歯科衛生士による徹底した歯磨き指導や専門的なケアを併用し、虫歯のできにくいお口の中の環境づくりを目指しています。

1)ブラッシング補助用品

矯正装置がついた状態で普通に歯を磨こうとすると、装置にばかり歯ブラシが当たってきちんと磨けません。そこで活用するのが、歯磨きの際の補助用具です。使い方を覚えてお口の中を清潔に保ちましょう。

歯ブラシ

歯ブラシ

小回りがよく利くようにヘッドは小さめで、毛の硬さは柔らかいものを選びます。硬いものは歯肉を痛めるのでさけた方が良いでしょう。

音波式電動歯ブラシ(Sonicare®)

音波式電動歯ブラシ

Sonicare®独自の超高速振動により、歯ブラシの毛先の届かない歯周ポケットや奥歯の歯垢、色素沈着まで除去できる、世界の歯科専門家に最も推奨されている音波式電動歯ブラシです。複雑な装置の入る矯正治療中の患者さんの歯垢除去や歯肉の健康改善に大変有効的です。

ポイントタフト

ポイントタフト

歯と歯の間や矯正装置の間など、通常の歯ブラシでは入りにくい部分をしっかり磨く時に便利です。

ペースト

ペースト

むし歯予防効果のあるフッ素入りのものがおすすめです。ただし、量のつけ過ぎはペーストの泡や清涼感から「磨いた気分」になり、実際には磨き残しが出やすいので、使う量は少なめが良いでしょう。

歯間ブラシ

歯間ブラシ

もともとは歯と歯の間を磨くものですが、矯正治療中はワイヤーの下や矯正装置の周りを磨くのに便利です。

フロス

フロス

歯と歯の間を磨く「糸ようじ」のことです。ワイヤー装着中は、矯正専用のホルダーのついたものを使うと比較的簡単に使用できます。

2)ブラッシングの基本

きちんと磨いているつもりでも、ブラシが当たる角度が正しくないと効果は半減します。当クリニックでは、患者さんのお口のなかの状態に応じて、徹底したブラッシング指導を行っています。

3) さらに効果的なお口の中のケアのために

歯磨き

虫歯予防の方法として、「歯磨き」と「砂糖の制限」がよく知られていますが、これに加えて、歯自体の抵抗力を高めようというのが「フッ素」を利用した虫歯予防の考え方です。

「フッ素」は、歯を強くする自然元素のひとつで、わたしたちが毎日飲む水や、海産物、肉、野菜、果物、お茶など、ほとんどの食品に微量ながら含まれています。もちろん、わたしたちの歯や骨、あるいは血液中にもフッ素は存在しています。

フッ素には、

  1. 歯を強くする(対酸性増強)
  2. 初期の虫歯修復する(再石灰化促進)
  3. 虫歯原因菌の酸産生を抑制する

という効果があります。

生えたての歯は、表面のエナメル質といわれる部分が成熟していないため、この時期は、フッ素による虫歯予防効果が特に期待できます。

実際には、フッ素入り歯みがき剤、フッ化物洗口、フッ化物スプレー、フッ化物の歯面塗布といった方法があります。フッ素による虫歯予防は、「低濃度、頻回数、長期間」の応用が有効であること、また、手軽であるという点からも、現在のところ、フッ化物洗口がもっともおすすめできる方法といえます。

フッ素の安全性については、あくまでも過量摂取が問題となるので、決められた使用方法を守っていただければ、まず問題はありません。

 

詳しくは、»» フッ素について をご覧下さい。