リスクと副作用について

リスクと副作用について

矯正治療は検査資料を基に治療方針を決定し、実際の生体の反応を考慮しながら歯を動かしていく治療です。

そのため、レントゲンなどの検査資料により異常所見が認められない場合でも、予測不可能な生体反応が発症することがあります。

以下に示します矯正治療を受ける際の注意点を今一度ご確認ください。

日本矯正歯科学会HPより

  • 最初は矯正装置による不快感、痛み等があります。数日間で慣れることが多いです。
  • 歯の動き方には個人差があります。予想された治療期間が延長する可能性があります。
  • 装置の使用状況、定期的な通院等、患者さんの協力が治療結果や治療期間に影響します。
  • 治療中は、装置で歯が磨きにくくなり、むし歯や歯周病のリスクが高まります。丁寧な歯ブラシ、定期的なメンテナンスを受けることが重要です。また、歯が動くと隠れていたむし歯が見えるようになることもあります。
  • 歯を動かすことにより歯根が吸収して短くなることがあります。また、歯ぐきがやせて下がることがあります。
  • ごくまれに歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
  • ごくまれに歯を動かすことで神経が障害を受けて壊死することがあります。
  • 治療途中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。
  • 治療中に「顎関節で音が鳴る、あごが痛い、口が開けにくい」など顎関節症状が出ることがあります。
  • 様々な問題により、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
  • 歯の形を修正したり、咬み合わせの微調整を行ったりする可能性があります。
  • 矯正装置を誤飲する可能性があります。
  • 装置を外す時に、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する可能性があります。
  • 装置が外れた後、保定装置を指示通り使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
  • 装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし歯の治療(修復物) をやりなおす可能性があります。
  • あごの成長発育により歯並びが変化する可能性があります。
  • 治療後に親知らずが生えて、歯並びが悪くなる可能性があります。加齢や歯周病等で歯を支える骨がやせると歯並びが変化することがあります。その場合、再治療等が必要になることがあります。
  • 矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。